top of page
68967497487921132.jpg

営業中。 日本国内のみのご注文受付

back to Bluetree

Welcome to

My Post (2)_clipped_rev_1.png

Opening Sale 20% Off

"Open" Sign

ishiya no daidokoro

made in

Manazuru

Japan

石屋の台所は「ていねいなくらし」から着想し、

日本でうまれた本小松石の台所用品です。

WHY HONKOMATSU STONE?

人類が最初に使った道具は石でした。いつも人の近くに石は静かに佇んできました。
時の流れとともに石の道具も石工も今、失われつつあります。
「石屋の台所」は「ていねいなくらし」から着想し、日本でうまれた本小松石の台所用品です。
本小松石は 1600 年に江戸城の築城に使われ、現在の皇居に見ることが出来ます。耐久性、耐熱性に優れ、時間の経過とともに色味が変わる奥深い美しさが特徴です。丁寧に作られた最高級の万能調理器具は手料理に楽しさを与えます。

manazuru.JPG
unnamed (6).jpg

MADE IN

MANAZURU, JAPAN

Only 97 kilometers from Tokyo

OUR SELCTION

「ひとつひとつの本小松石から作られたスパイスボウルは最高級の品質と新しい想像力を駆使したプレミアムな万能調理器具です」

SMALL HONKOMATSU STONE

SPICE BOWL

人類が最初に使った道具は石でした。いつも人の近くに石は静かに佇んできました。

時の流れとともに機械化が進み、石の道具も石工も今、失われつつあります。真鶴町の石材業もそのひとつです。この地に生まれ育ち、ここから採石される本小松石に魅了され、石の素晴らしさをまた日常に取り入れたい。「石屋の台所」は女性が「ていねいなくらし」から着想し、日本でうまれた本小松石の台所用品です。

本小松石は 1600 年に江戸城の築城に使われ、現在の皇居でも見ることが出来ます。耐久性、耐熱性に優れ、時間の経過とともに色味が変わる奥深い美しさが特徴です。表面が鏡のようになるまで丁寧に磨き上げた一点物の万能調理器具です。

外寸-11cm×9.5cm

内寸-8.5cm×5.5cm

重量-1.3kg

乳棒:全長-18cm

最大直径-3cm

重量-0.5kg

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

LARGE HONKOMATSU STONE

SPICE BOWL

人類が最初に使った道具は石でした。人の近くに石は静かに佇んできました。

機械化が進み、石の道具も石工も今失われつつあります。真鶴町の石材業もその一つです。真鶴に生まれ育ち、採石される本小松石に魅了され石の素晴らしさをまた日常に取り入れたい。「石屋の台所」は女性が「ていねいなくらし」から着想し、日本でうまれた本小松石の台所用品です。

本小松石は 1600 年に江戸城に使われ、現在の皇居でも見れます。耐久性、耐熱性に優れ、時間とともに色味が変わる奥深い美しさが特徴です。石肌の質感を残し石の自然な表情を楽しめる表面処理をしました。柔らかく丸みを帯びたフォルムは手作業で仕上げた一点物の万能調理器具です。

外寸-15cm×11cm

内寸-11.5cm×8cm

重量-2.65kg

乳棒:全長-20cm

最大直径-5cm

重量-1kg

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

SQUARE HONKOMATSU STONE SPICE BOWL

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

人類が最初に使った道具は石でした。人の近くに石は静かに佇んできました。

現代では機械化が進み、石の道具も石工も失われつつあります。真鶴町の石材業もその一つです。真鶴に生まれ育ち、採石される本小松石に魅了され、石の素晴らしさをまた日常に取り入れたい。「石屋の台所」は女性が「ていねいなくらし」から着想し、日本でうまれた本小松石の台所用品です。本小松石は 1600 年に江戸城に使われ、現在の皇居にも見れます。耐久性、耐熱性に優れ、時間とともに色味が変わる奥深い美しさが特徴です。珍しい角形のデザインはより安定感があり、石肌の質感を残し石の自然な表情を楽しめます。手作業で丁寧に仕上げた万能調理器具です。

外寸-13cm×11cm  

内寸-10cm×8cm  

重量-3.6kg

乳棒:全長-20cm

最大直径-5cm

重量-1kg

68967497487953699.jpg

HONKOMATSU STONE PESTLE

人類が最初に使った道具は石であり人の近くに石は静かに佇んできました。

現代は機械化が進み石の道具も石工も失われつつあります。真鶴町の石材業もその一つです。真鶴に生まれ育ち採石される本小松石に魅了され石の素晴らしさをまた日常に取り入れたい。「石屋の台所」は女性が「ていねいなくらし」から着想し、日本でうまれた本小松石の台所用品です。本小松石は 1600 年に江戸城に使われ、現在の皇居でも見れます。耐久性、耐熱性に優れ、時間とともに色味が変わる奥深い美しさを表します。砕く作業に安定感を与え、力強さも発揮します。食材に粘り気を出し、量が多い物を砕く時に、スパイスボウル大と併用も可能な万能調理器具です。

 

全長-30cm

最大直径-6 cm

重量-1.9kg

68967497487957733.jpg

The history

HonKomatsu Stone


本小松石は、日本の神奈川県 真鶴町の小松山からのみ採石されます。

鎌倉幕府を築いた源頼朝(1200年代)に発掘され、鎌倉の寺院や城で使用されました。

1600年代、江戸幕府を開いた徳川家康は、この石を使って江戸城と江戸の街(現 東京)を建てました。

現在でも本小松石は、皇居の橋、壁、お堀に見ることができます。

Features

Spice Bowl

石屋の台所のスパイスボウルは、複輝石安山石の一種です。

「日本の銘石」とされる本小松石のプレミアムストーンから造られたスパイスボウルは耐久性があり、丈夫で長持ちし、さらには耐熱性を備えた最高品質の調理器具です。

簡単に洗うことや乾燥ができカビの心配がありません。

発掘された石の1枚は40メートルの厚さです。本小松石の色は他に類を見ないもので発掘した層により岩の色が変わります。驚くべきことに、石工中に色相が深まり、変化します。また本小松石の中でも最高級の石は青緑色の色調で現れます。

A myriad of uses

One Spice Bowl 

食卓やレストランで類をみることがないほどハイクラスなディッシュをお届けできます。
最高級な外観と石が持つワイルドな佇まいは、ご家庭やビジネスのディスプレイとしてもお楽しみいただけます。
材料を叩き、砕き、すりつぶし、こねて、素材をより香り高く、粘り気のある食感にします。
調理に使うだけでなく、食器としてそのまま食卓へお出しいただけます。

 

  • スパイス・ハーブ・しょうがやガーリックなどをつぶして

  • 肉を叩き柔らかくし、粘り気を出してより深い味を

  • アボカドディップ・サルサソースなどペースト状に

  • じゃがいもなどの野菜をつぶしてマッシュドポテトやマッシュ野菜に

  • ナッツ類や固まった材料をつぶして

  • 氷を割る時に

  • お米をすりつぶして

  • 離乳食作りに

 

機械化が進んだ調理器具にあふれる現代にあなた自身の手で自然のままに作る天然生活を

COMPARE HONKOMATSU SPICE BOWLS
Dimensions
68967497487965272.jpg

Small

Spice Bowl

 外寸 - 11cm x 9.5cm

内寸 - 8.5cm x 5.5cm

重量 - 1.3 kg

Small Pestle

全長 - 18cm

最大直径 - 3cm

重量 0.5 kg

68967497487933387.jpg

Large

Spice Bowl

外寸 - 15cm x 11cm

内寸 - 11.5cm x 8cm

重量 - 2.65 kg

Large Pestle

全長 - 20cm

最大直径 - 5cm

重量 - 1 kg

68967497487956219.jpg

Square

Spice Bowl

外寸 - 13cm x 11cm

内寸 - 10cm x 8cm

重量 - 3.6 kg

Large Pestle

全長 - 20cm

最大直径 - 5cm

重量 - 1 kg

68967497487953699.jpg

Stone Pestle

全長 - 30cm

最大直径 - 6cm

重量 - 1.9 kg

Masters of Stone Craft

Introducing

Passion

Pride

Excellence

本小松石の石工芸の長い伝統を守り続け、私たちの製品は、先祖代々から受け継がれた技術で最高のものをお届けします。

野弘

and

竹林 智大

私達はこの石が好きです。本小松石が持つ奥深さに魅了されている一人だと思っています。
江戸城などの築城に使われていた歴史、天皇や幕府に愛された事実が象徴する一流品であることの証は、今もなお本小松石が最高級品であることを証明してくれています。
時間の経過とともに色味が変わる本小松石の奥深い美しさは、自然の中に溶け込み、自然と同化する魅力があります。先祖代々受け継ぎながら大切に使って欲しい一品なので、私達石工も技術を継承しながら日本の銘石「本小松石」を守っています。時代の流れの変化の中で、質の良さ、技術の高さを誇りに日々努力しています。

68967497487998430_jpg.jpg

竹林 智大

Instagram

レシピギャラリー

Follow us on Instagram for more recipes

ishiqcode.jpg
  • Instagram
Contact Us

CONTACT US

〒259-0201

神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴451-12

ブルーツリービル

​石屋の台所

ishiya@bluetreeoffice.com

Visit US

月曜日-金曜日10:00 -16:30

土曜日と日曜日は休業

 

  • YouTube
  • Instagram

お問い合わせ

Thanks for submitting!

bottom of page